公益財団法人愛媛県消防協会

 出初式 

平成31年松野町消防出初式
2019/02/15 出初式
日時:平成31年2月10日(日)9:30~12:00
場所:松野町多目的広場(森の国ドーム)
 
松野町消防団員212名が参加し、平成31年松野町消防出初式が挙行されました。


人員姿勢服装点検、機械器具点検が分団長や副団長の指揮の下、行われます。
松野町には平成19年から赤バイ隊が結成されており、新隊員が紹介されました。


その後、表彰状(感謝状)が贈呈されました。
○愛媛県知事表彰 2名
○愛媛県消防協会長表彰
・功績章 2名
・勤続章 5名
・規律章 1名
○宇和島地区消防団連合会長表彰 9名
○松野町長表彰 9名
○松野町消防委員会表彰 優良分団 第3分団第3部
○団長表彰 精勤賞 19名

勤続30年 2名、勤続25年 3名と、長きにわたり町民生活を守ってこられた団員さんがいます。
続いて6名の新入団員が紹介されました。
先輩方と一緒に松野町の生命・財産を守っていく心強いメンバーです。


坂本町長から、7月豪雨では恐怖、絶望の中、自身の被害を顧みることなく、
消防活動にあたった消防団へ町民を代表して感謝の気持ちが述べられました。
受章者代表 高内団員からも「自身の家が被害に遭っていても人命救助を最優先していた団員を仲間として誇りに思っている」とありました。

渡邊団長から「250戸余り浸水し、できる限りの活動をしたが自然災害の力は強く、悔しい思いをした団員もいる」
「団員確保や世代交代など組織として分岐点にあるが、より団員が使命感をもって消防活動ができるよう頼られる組織を作っていかなければいけない」
「年号が変わり時代が変わっても消防人の心は変わらない」と謝辞・訓示がありました。